弊社が主体となり 「工場から利用者様へ最短の商品供給ルート」を作っています

弊社は「インターネット販売で、介護用品の最短商品供給ルート」を作ります

   一般的に高額と言われている「介護ベッドや介護用品」ですが、弊社が長い経験から自社で企画して、
  製造工場へ直接発注を行い、自社で直接物流管理を行っています。商品は30年の経験を活かした商品ばかりを作り
  利用者様が一番使い易い様に設計されています。他社では一切購入できない商品ばかりです。

   今の介護保険はレンタル事業者様や介護保険規定を利用する前提なので価格設定やフルサービスが行われいるので、
 保険適応者には非常に良い制度になっていますが、残念ながらまだ保険適応にならない健常利用者様にとっては非常に
 高額で厳しい保険制度になっているのも実情です。今後は更に保険適応条件がどんどん厳格化されて行きます。

  弊社では、介護保険制度では手に届かない方々のために、生産工場から利用者様へ適正で安全な介護用品を
 合理的な価格で商品を供給できるルートを作り上げる事が弊社に与えられた使命だと考えています。
 将来的には個人負担金額が増大した時にも対応できる物流システムにしておく必要があると考えています。
 そして重要な販売手段は「インターネット販売業者」と「サービス提供事業者様」が将来の販売主体になると
 考えています。何より商品は介護保険制度や業界で決められた安全規格で安全基準に準じた商品でなければなりません。
 当然TAISコードも取得しておく必要も有ると考えています。

  例えば、皆様は家電のテレビを安く買いたい時はどうされていますか?多くの皆さまは電気量販店でカタログや型番と
 価格を調べてからネットや通信販売で購入されていませんか?介護用品もここ数年で同じ状況になるでしょう。
 利用者様も自身の財産を守り、保険点数を節約しながら賢く使う方法は自分で努力する必要がある時代になるでしょう。

  弊社の考える新しい商品供給ルートの商品販売者は、「通販会社」「ネット販売会社」「介護タクシー」
「介護食宅配業者」「全国の便利屋チェーン」「訪問サービス事業者」「一般家具ルート」等が介護用品の取扱いを
始めると考えています。

  今回の機会に是非弊社グループと一緒に新しい商品供給ルートを作りましょう。今回全国で30社限定で
取次販売店を募集しています。
(費用/リスク/ノルマは一切ありません)。詳細は弊社ホームページの「取次販売店募集中」に記載しています。

ページ上部へ戻る