,

四点杖(スモールベース)標準品 3,200円・ 自光式 3,800円 

主な特徴

  • 自光式で認識度アップ(柄物のみ)
  • パイプには色物や柄物があります
  • 四点脚で自立する杖

商品説明

選べるデザイン
業界初の自光式の「光る杖」(柄物のみ):これまでの反射式とは違い、暗闇の中で約30分程度自光し、その後、10~20%程度の光度になりますので、夜中にトイレに行く時など、杖の向きと杖までの距離を把握しやすく安心です。
また、夜間の外出時には、周囲からの認識度がアップする事で安全に貢献しています。
普通の杖では少し不安な方や歩行訓練などにお使いください。
あまり知られていませんが、海外では利用者が立ち上がる場所、例えばソファーの横、テーブルの横に置いてあり、安全に立上り捕縄として使われる場合があります。日本では介護保険のの対象商品になっているために規定で1本しかレンタルできません。でもこの商品は購入しても非常に安い商品です。レンタルが得か購入が得か良く比較して下さい。
利き腕に合わせて、握り手部分の左用・右用に変更が可能です。

仕様

サイズ:高さ69~92cm(10段階調整)
ベース部:16×21cm
重量:790g
色:柄物(光る杖は柄物のみで、その他は単色になります)
ブラックチェス柄/カラードット柄/ナチュラル木目柄/黒/茶/シルバー
材質:アルミ(ベース部はスチール)、他
※規格やサイズは商品改善の為に予告なしに変更する場合があります。

********************
販売価格 黒・茶 3,200円
     自光式 3,800円
********************

※この商品はTAISコード登録しています。
※TAIS価格¥9,800(光る四点杖スモールベース・自光式)
※TAIS価格¥7,500(四点杖スモールベース・黒色/茶色)
非課税商品

注文する

介護用品は転倒する様になってから使う物ではありません。
業界の中では「介護用品は健常者が使っても、使いにくい商品は一つもない」と言われています。介護用品は転倒予防の為の商品で、腰痛や関節痛の傷みを軽減させる道具です。より安全で安心な生活を送るための商品が介護用品です。先日、杖を持ったら恥ずかしいと言う声を街で聞きました。
例えば杖を持たなければ、正面から来る人が道を譲らなかったりして、最悪の場合に衝突転倒する可能性があります。杖を持っていれば道を譲ってもらえる上に注意も払ってくれます。
貴方ならどちらを選択しますか?
万が一、転倒して数か月間も入院をして、数か月のリハビリが必要になります。
電動ベッドも同じ事です。寝たきりになって使いますか?海外では50歳台や60歳台で電動ベッドを購入し、この先一生涯使い続けることができます。
リクライニングベッドの快適睡眠は当然ですが、それ以上に今までにはなかった楽な姿勢でのテレビ鑑賞・スマホ操作・読書・昼寝タイム等々、自分の新しい居場所と時間を手にする事ができる商品です。この様な考えは残念ながら介護保険制度にはありません。

 

ページ上部へ戻る